冬こそ換気

冬の換気扇

換気扇は壁に取り付けられたもので、壁に穴を開けることで外の空気を取り込む装置になっています。施工のメリットとしては壁に穴を開け、換気扇を取り付けるという簡単さと費用の低さです。
しかしデメリットもあり、夏は熱くて湿った空気を、冬は冷たくて乾いた空気を直接家の中に入れてしまうことです。
冬場の寒い空気を入れたくないと思う気持ちは分かりますが、実は冬に換気をしないと家にとって大きな問題が起きてしまいます。

結露に注意を

それが結露です。結露は温度差があることによって空気中の水蒸気が水になり、壁や窓などについてしまう現象です。
この現象の問題はただ水を出してしまうだけではありません。この水が家にダメージを与えてしまうことです。
まず壁や窓枠などのカビやシミの原因になりますし、水が建材や家具を腐食させることもありえます。目に見える所だけでなく、屋根裏や壁の間に発生した場合はなかなか気付くことができません。
その結果建物が変形してしまったり、家具や柱が腐ってしまったりすることも考えられるのです。

冬こそ換気

こうならないためにも冬でも換気は欠かせません。密閉した状態では結露を起こしやすくなってしまいます。
換気扇がある場所はトイレや浴室、キッチンだと思います。トイレや浴室は使っていない時に換気扇を回し、よく換気をしておきましょう。
人がいるだけでも水蒸気は人体から発せられるので、家にいがちになるこの時期には特に換気に気を付けなければいけません。
そのためにはしっかり換気扇の清掃や修理が必要です。自分ではそういった作業が無理だと感じられたら、業者に頼むことも1つの手段です。

カレンダー
2017年8月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031