定期的に換気をしましょう

忘れられている換気扇の存在
昔に比べて、冷暖房をエアコンに頼る人が増えてきました。エアコンが高性能になり、かつ省エネ対策も進んできたからです。また花粉症やPM2.5など空気汚染を気にして、空気清浄機を購入する人も増えてきました。こうした環境で疎かになっているのが「換気」です。寒くても暑くても、1時間に1回は窓を開けて換気をすることが推奨されますが、エアコンや空気清浄機をつけているからいいだろうと、換気を行わない人が非常に多くみられます。

換気と二酸化炭素中毒
では換気は本当に必要なのでしょうか。エアコンも空気清浄機も、部屋の空気を冷やしたり、埃を取ったりという機能はありますが、空気そのものが入れ替わる訳ではなく、同じ空気を循環していることになります。そこに人が長時間滞在していると、増えてくるのが二酸化炭素の濃度。二酸化炭素なんてと思うかもしれませんが、二酸化炭素も濃度が濃くなってくれば、眠気や頭痛を誘発し、酷い場合は意識障害を起こしかねない危険なものです。このようなことが起こらないようには、空気を入れ替えるという換気が必要になり、それが換気扇の重要な役割なのです。

換気扇の交換は専門業者に
換気の重要性は前章の通りです。しばらく部屋を閉鎖しているなと思ったら、定期的に換気扇を回して空気を入れ替えるようにしましょう。もしその換気扇が壊れるようなことがあれば、早めに修理することをお薦めします。店舗や会社など、換気扇の中には「有圧換気扇」を付けていることもあり、これは素人では簡単に取り扱えないものなので、そんな場合は迷わず専門業者に任せることにしましょう。

カレンダー
2017年8月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031