換気が必要な時期だからこそ

湿気は大敵

西日本から東日本まで広く梅雨入りした中、一番気になるのは湿気ではないでしょうか。雨が続く梅雨だからこそ、室内の湿気はなんとかして取り除かなければいけません。湿気が留まったままにしておくと、家具の裏やベッドのマットレスの下など、空気の流れが悪い場所を中心にカビが生える危険性があります。
カビがはえると臭いによる害はもちろん、胞子によるアレルギー反応が考えられるため、放置しておくことは危険です。
その為に活躍するのは、どこのご家庭でも設置されている換気扇です。

効率が低下することがあります

梅雨時の湿気の除去にも活躍する換気扇ですが、あ使い方次第では大きく効率を下げる8場合があります。例えば、換気扇の羽の表面が汚れていると、空気の流れが乱されて通常通り排気ができない事があります。
また、換気扇のフィルターが汚れていても同様ですので、換気扇の清掃はこまめに行うことが必要です。
それに、換気扇の羽はモーターで稼働しています。運転中に変な音がしたり、回転が一定しない場合は換気扇のモーターが不調の場合がありますので、早めに専門業者に相談して交換などされることをおすすめします。

専門業者のクリーニングサービス

専門業者の換気扇クリーニングサービスは、私達が普段行う換気扇清掃よりも徹底的に細かいところまで掃除してもらうことが可能です。
もし、長年掃除されていない換気扇を何とかしたい、最近調子が悪いという場合には、早めに専門業者にご相談されることをおすすめします。

カレンダー
2017年8月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031