換気扇に起こる異常

キッチンやお風呂場、トイレなどで活躍する換気扇ですが、メンテナンスを怠るとちょっとしたことが原因で故障につながる可能背があります。症状別にどんな原因があるか挙げていきたいと思います。

・異音、振動がする
換気扇を動かしていて、変な音が聞こえる、ファンが不自然に振動するといった症状が出たときは、経年劣化やゴミの付着が考えられます。長期間使用していると、換気扇のモーターが軸ブレをおこしそれが原因で異音や振動が発生します。また偏ってゴミが付着していることが原因ということもあります。これは偏って付着したゴミによって動かしているときに遠心力が働き回転がブレてしまうためです。原因がゴミであれば、換気扇を掃除することで直せます。経年劣化であれば換気扇の修理か交換をしましょう。

・換気扇が動かない
換気扇本体の寿命、もしくは換気扇のスイッチの故障であると考えられます。一般的に換気扇の寿命は8~10年程度なのでその年数を超えて使用していて動かなくなったという場合は本体の寿命である可能性が高いです。またスイッチは換気扇を動かすときも止めるときも使用するため劣化や摩耗が原因で故障しやすい部分です。

・動いているが換気が弱い、換気できない
原因は換気扇の種類によって、いくつか考えられます。1つはモーターの寿命です。経年劣化によりモーターの動きが弱くなり十分な換気ができなくなっている事が考えられます。他に考えられる原因はダクト内の詰まりまたは風圧ダンパーの動作不良です。これはトイレやお風呂場に使われるダクト用換気扇でおこります。
いずれの故障も一度業者に見てもらい確実な対処を取ってもらうことをおすすめします。

カレンダー
2017年10月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031