換気扇の配置に気をつけましょう

換気扇の働き
例えば納戸や倉庫など、普段から閉めきった閉鎖空間に入った時に息苦しく感じたことはありませんか?空気が動いてないことに人はとても不快感を感じます。更にこれが塵や埃が多い部屋ならどうでしょう。更に息苦しくなったり咳が止まらなくなってしまいそうです。また、綺麗な執務室であっても、OA機器からの発熱があったり、風邪を引いている人がいるのに、全く閉めきった状態ならどうでしょう。やはり不快な感覚に陥るのではないでしょうか。快適さを感じるには、やはり新鮮な空気と空気の循環が必要なのです。その役目を担うのが「換気扇」です。

換気扇の配置
換気扇は新鮮な空気を取り入れ(給気といいます)、逆に汚れた空気を吐き出す(排気といいます)設備です。ただしどこにでも配置すればいい、というものではありません。例えば給気用換気扇と排気用換気扇が近くに配置されていた場合は、空気がショートカットしてしまい、室内の空気があまり動きません。これでは換気効果が減ってしまいます。給気と排気の関係は対角状或いはなるべく距離を話して配置するようにしましょう。またトイレなど嫌な臭いが発生する場所の換気の際はちょっと注意が必要です。住宅によっては便所に窓があって換気扇がない場合がありますが、廊下側で排気用の換気扇を付けてしまうと、廊下が正圧、便所が負圧の関係となってしまい、便所から臭いが廊下側へ漏れてしまうことになります。臭いを多室に出したくない場合は、その部屋を正圧にすることが重要です。従って便所には排気用換気扇を設けることが一般的です。

換気扇の交換・修理
換気扇の使用頻度にもよりますが、設備の耐用年数はおよそ15年が標準となっています。15年近く使っている換気扇は交換を、そうでない換気扇は日頃から掃除やメンテナンスをするようにしましょう。

カレンダー
2017年10月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031