断熱性と換気

住まいに大切な断熱性
住宅において、快適に過ごせるかどうかを決める重要な要素に「断熱性」というものがあります。最近の新築住宅では、この「断熱性」を強く推して販売されているものも多くありますね。断熱性が高いということは、外気の厚い・寒いという影響を受け辛くなるので、室内環境を穏やかに保つことが出来ます。快適さにも大きく影響するものです。室内環境が穏やかで温度変化が少なくなれば、冷暖房などの電気代削減にも繋がります。そのためなるべく断熱性を高めようという建築がされる傾向になってきているのです。

断熱性向上による弊害
しかし断熱性が高まるということで注意もあります。それは空気の入れ替わり、つまり『換気』です。断熱性の低い、どこか隙間が空いているような昔の家屋であれば、隙間風によって知らないうちに換気されていたものですが、断熱性が向上=気密性も向上したことで、室内空気が閉じ込められた状態になり易くなってしまいました。そのため、建材の化学物質によるシックハウス症候群やアレルギー症状などを訴える人も同時に増えてしまったのです。断熱性が高まる一方で換気性能が低下してしまった結果です。

24時間換気システム
このような背景があったため、現在は住宅などの居室に強制的に換気を行う「24時間換気」システム設置の義務化がされるようになりました。外気の影響を受けないように断熱性が高まっている今こそ、適度に外気を取り込む換気が必要になって来ているのです。

カレンダー
2017年8月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031