自宅で換気扇掃除

重曹を使った換気扇掃除
どのご家庭のキッチンにも、換気扇は必要不可欠だと思います。気がつかない内に油が飛んでギトギトに汚れていたり、埃が混ざり合ってしばらく蓄積していたりするとかなり頑固な汚れとなってしまいます。換気扇掃除は、キッチンで普段使っている食器用洗剤ではなかなか落とす事が出来ません。そんな時に効果的なものが「重曹」です。重曹は炭酸ナトリウムの事で、環境にも優しく、人間にも安全なのでお料理やスキンケアに使われる方もいます。値段もお手頃なので試してみる価値はありそうです。重曹が水に溶かすと弱アルカリ性となり、酸性の汚れを中和して浮かし上げてくれる働きがあるので、しぶとく付いた油汚れもゆっくりと落としてくれます。

浸け置き洗いで換気扇掃除
換気扇を浸け置きして洗おうと思ってもちょうどいいサイズのバケツがなくて困る方も見えます。そんな時は、ダンボールとビニール袋で代用出来るのです。作り方は、ダンボールで箱を作って、下面の角を1つ切って穴を開けておきます。その上からビニールを広げて入れれば簡易バケツの完成です。このままビニール袋の中に熱湯と重曹を入れて重曹水を作り、浸け置きをしておきます。その後は、穴から飛び出たビニール部分を破いて汚水を流せます。バケツの様にひっくり返す力仕事がなく、ダンボールもビニール袋もごみとして捨てるだけなので後片付けの手間もなく、簡単に換気扇掃除が出来ます。

換気扇掃除の頻度
キッチンの換気扇掃除の頻度は、年に4回程行うのが望ましいです。もし、換気扇掃除を怠ってそれが原因で壊れてしまい、買い替えなければならなくなるとより費用がかかってしまうからです。中でも換気扇掃除に適した時期は、気温の高い夏場です。重曹水が効果的だとお話ししましたが、浸け置きを行う際に冬場だと気温が低くて水の温度が急速に下がってしまうからです。又、油汚れは酸性の汚れなので、蓄積すると塗装面をはがしてしまう事もあるので、季節ごとに行うと汚れがすんなりと落ちやすいのです。蓄積してしまった換気扇掃除にお困りの時や、なかなか換気扇掃除まで手が回らないという方は、換気扇掃除業者にご相談してみては如何でしょうか。

カレンダー
2017年8月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031