Archive for 8月 2015

定期的に換気をしましょう

忘れられている換気扇の存在
昔に比べて、冷暖房をエアコンに頼る人が増えてきました。エアコンが高性能になり、かつ省エネ対策も進んできたからです。また花粉症やPM2.5など空気汚染を気にして、空気清浄機を購入する人も増えてきました。こうした環境で疎かになっているのが「換気」です。寒くても暑くても、1時間に1回は窓を開けて換気をすることが推奨されますが、エアコンや空気清浄機をつけているからいいだろうと、換気を行わない人が非常に多くみられます。

換気と二酸化炭素中毒
では換気は本当に必要なのでしょうか。エアコンも空気清浄機も、部屋の空気を冷やしたり、埃を取ったりという機能はありますが、空気そのものが入れ替わる訳ではなく、同じ空気を循環していることになります。そこに人が長時間滞在していると、増えてくるのが二酸化炭素の濃度。二酸化炭素なんてと思うかもしれませんが、二酸化炭素も濃度が濃くなってくれば、眠気や頭痛を誘発し、酷い場合は意識障害を起こしかねない危険なものです。このようなことが起こらないようには、空気を入れ替えるという換気が必要になり、それが換気扇の重要な役割なのです。

換気扇の交換は専門業者に
換気の重要性は前章の通りです。しばらく部屋を閉鎖しているなと思ったら、定期的に換気扇を回して空気を入れ替えるようにしましょう。もしその換気扇が壊れるようなことがあれば、早めに修理することをお薦めします。店舗や会社など、換気扇の中には「有圧換気扇」を付けていることもあり、これは素人では簡単に取り扱えないものなので、そんな場合は迷わず専門業者に任せることにしましょう。

換気扇で気を付けておきたいこと

換気扇には汚れが溜まります

換気扇はお部屋の換気をする為に有効な設備です。家にたまった空気を外に出してスムーズな換気の手助けをしてくれます。しかし、空気と一緒にゴミやホコリも一緒に吸い込んでしまうので、プロペラ部分にどんどん汚れが付着していきます。また、キッチンに取り付けられている換気扇は、料理の際に舞う油も一緒に吸い込むので、頑固な汚れが付着しがちです。換気扇を汚れたまま放置していると、故障の原因になりますので、換気扇の掃除を定期的に行なうことが大切です。自分で換気扇の掃除が出来ない場合、換気扇掃除の業者に依頼するという方法もあります。

壊れたら交換する

換気扇が故障してしまうと、スムーズにお部屋の換気を行なうことができなくなります。部屋の換気が不十分になることで、健康面・衛生面など様々な面を悪化させることにもつながりますので、換気扇の修理や換気扇の交換をしましょう。換気扇の交換や換気扇の修理には専門的な技術や知識が必要になりますので、できれば専門業者を頼ったほうがいいと思います。

頑固な汚れが付くことも

先程、キッチンの換気扇は油も一緒に吸い込んでしまうというお話をしましたが、油とホコリが混ざり固まった状態になる事があります。そうなってしまうと換気扇掃除をしても、安易に汚れを落とすことができなくなります。なので、油が固まってしまう前に換気を扇掃除しましょう。そうすることで、汚れも簡単に落とすことが出来ますし、換気扇掃除に掛かる時間も短くて済みます。

カレンダー
2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31