Archive for 10月 2015

気温が下がると汚れが取りにくい

油汚れは気温が低いと固まる

バターやマーガリンは、冷蔵庫の中に入っている時は固まっていますが、熱を加えると溶けて液体になります。油脂は温度が上がると液体になり、温度を下げると固体になる性質があるものがあります。特に動物性、植物性の油脂はその傾向が強いようです。
キッチンの汚れの一番厄介なものの1つであるそういった油汚れは、11月を目前に控え、これから寒くなっていく一方の季節には、とても落としにくい汚れになります。特に換気扇には、油煙が吸い込まれますから料理をする度に汚れて行きます。

換気扇清掃がしにくい季節

油汚れ以外の汚れも落としにくくなります。水分を含んでいる汚れは、拭き取ったり洗い流すことが簡単にできますが、今からの季節は空気が乾燥していく一方ですから、あっという間に水分が飛んでしまって、乾燥した汚れは換気扇の羽根の表面などに固着し、容易に落とせない汚れの膜を形成します。硬い分、強く擦ったり、洗剤を余計に使ったり、あるいはお湯などに漬け込む時間を長くしなければいけませんが、普段の家事の合間にそうしたことをするのは大変です。

プロに任せてしまいましょう

中々落ちない頑固な汚れを落とそうとすると、無理が生じます。例えば換気扇の羽根を強く擦っていたら、換気扇の羽根を割ってしまうとか、あるいは汚れが落ちきらず、そのまま放置することもあるかもしれません。

こうした汚れを落とすなら、やはりプロの換気扇清掃のテクニックが必要です。使用するのもただのスポンジや洗剤ではなく、高温のスチームを使ったりする事も可能です。

換気扇を掃除しないと

換気扇の掃除は必要です

近年、断熱性の高い住宅が登場したことによって、窓が小さい家が沢山登場し始めました。
そこで十分になったのが換気です。しっかり換気ができない家は有害な空気を部屋に溜め込む原因となるため注意が必要です。ところで換気扇を掃除しておかないと、せっかくの空気を家の中に取り込む力が少くなってしまいます。そこで大切なのは、換気扇の掃除を定期的に行うことです。
換気扇の掃除は少し時間がかかりますし、汚い換気扇に触るのは勇気がいるという方は、換気扇掃除のプロに頼んでみるのもよいでしょう。

調子の悪い換気扇の修理

ために使い続けていると換気扇の修理をしなくてはならないことがあります。
調子の悪い換気扇を使い続けているといずれ大きな破損をしたり、怪我や事故の原因となる場合があります。特にガス給湯器を使ってる家庭では換気扇は必需品です。まずしっかりと換気扇の修理を行いましょう。自分で安易に換気扇の修理を行おうとすると余計に破損が酷くなりますので、換気扇修理の専門家に来てもらった方が良いかもしれません。

換気扇交換

あまりに古い換気扇を使用している場合は思いきって換気扇を交換してみるのも良いかもしれません。
換気扇修理しても寿命の場合はどうすることも出来ませんし、換気扇の修理よりも換気扇交換の方が安く済むという場合もあるのです。複雑な修理になるぐらいなら、換気扇交換をしてみましょう。
換気扇を適切に使えば快適な暮らしをすることが出来ます。

カレンダー
2015年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031