未分類

換気口に要注意

外回りも見てみましょう
換気扇の清掃や整備というと室内側に気を取られがちですが、実は家の外に出ている換気口の出口、ダクトのフートやガラリも注意しておく必要があります。
実は外側の部分というのは、鳩の巣になったり害獣や害鳥、害虫の侵入経路、はては巣にされてしまう危険性がある場所だからです。

フード・ガラリの上
フードやガラリの上は、特に鳩が巣を作ったり休憩場所にする場合があります。また、ここを害獣が足がかりにしていることがあります。糞尿で汚れていることもありますので、定期的に見てみて、汚れているようなら洗浄しておくことが必要です。もちろん高所や狭い場所での作業になることが考えられるので、難しい場合は換気扇業者に依頼しておくのが一番です

フード・ガラリの中
信じられないことかもしれませんが、フードやガラリの中が鳩や害獣の巣になっている場合があります。
これらの動物は外敵から身を守ることが出来る場所を選ぶ性質がありますが、フードやガラリが破損していると、その破損場所から中には入り込んで巣を作る場合があります。
また、害虫にとっては住宅内への侵入項になる恐れのある部分です。特にゴキブリなどは換気口から漂ってくる臭いにつられて室内に入り込むことがあるようですから、ダクト内の清掃はもちろん、必要ならガラリやフードの補修が必要です。

ダクトの中
フード/ガラリからダクトの中を覗いた時、油汚れなどでギトギトの場合、酸化した油が発火してしまう事があります。焼肉店や中華料理店のような排出される煙に油分が含まれている場合に危険度があがるので、出来ればダクト内清掃も定期的に行いたいものです。

換気扇を上手に使って職場環境の改善を

室内のガス濃度は決められています
労働安全衛生面から、労働者の健康を守るために色々な化学物質などの室内での濃度は決められているのですが、その中でも二酸化炭素はどこにでもある、人間がいれば必ず発生するものです。
二酸化炭素はある程度待機中にもあるので、普通ならゼロになることはありません。しかし人間が居ると、特に密閉空間では吐き出された呼気に含まれる二酸化炭素がどんどん充満していくのです。
さて、規定があるということは、規定上に二酸化炭素の濃度が上がると、何らかの不都合があるようですが、これは一体何なのでしょうか。

思考力に影響が出る
二酸化炭素の濃度が上がりすぎるとどうなるかというと、人間のガス交換がうまくできなくなります。
吸い込んだ空気の中の酸素を血管中に取り込み、逆に吐き出す空気には血管中の二酸化炭素を放出して、人間は体内の酸素を確保しています。
しかし空気中の二酸化炭素濃度が高くなると、ガス交換がうまくできなくなり、脳に酸素がいきわたりにくくなります。これにより、思考力低下、眠気に襲われるなどの症状が出るのです。

機械換気が重要
近年のオフィスビルなどでは、窓ガラスを開けられない建築物も増えています。つまり、室内の換気は機械換気のみで行なうという考え方です。もちろんこれは間違いではありませんが、換気扇が不調だったり、故障している場合は全く換気できないことになり、労働者の健康を損なう恐れがあります。
換気扇清掃をこまめに行い、二酸化炭素濃度を下げるようにしましょう。

換気扇に起こる異常

キッチンやお風呂場、トイレなどで活躍する換気扇ですが、メンテナンスを怠るとちょっとしたことが原因で故障につながる可能背があります。症状別にどんな原因があるか挙げていきたいと思います。

・異音、振動がする
換気扇を動かしていて、変な音が聞こえる、ファンが不自然に振動するといった症状が出たときは、経年劣化やゴミの付着が考えられます。長期間使用していると、換気扇のモーターが軸ブレをおこしそれが原因で異音や振動が発生します。また偏ってゴミが付着していることが原因ということもあります。これは偏って付着したゴミによって動かしているときに遠心力が働き回転がブレてしまうためです。原因がゴミであれば、換気扇を掃除することで直せます。経年劣化であれば換気扇の修理か交換をしましょう。

・換気扇が動かない
換気扇本体の寿命、もしくは換気扇のスイッチの故障であると考えられます。一般的に換気扇の寿命は8~10年程度なのでその年数を超えて使用していて動かなくなったという場合は本体の寿命である可能性が高いです。またスイッチは換気扇を動かすときも止めるときも使用するため劣化や摩耗が原因で故障しやすい部分です。

・動いているが換気が弱い、換気できない
原因は換気扇の種類によって、いくつか考えられます。1つはモーターの寿命です。経年劣化によりモーターの動きが弱くなり十分な換気ができなくなっている事が考えられます。他に考えられる原因はダクト内の詰まりまたは風圧ダンパーの動作不良です。これはトイレやお風呂場に使われるダクト用換気扇でおこります。
いずれの故障も一度業者に見てもらい確実な対処を取ってもらうことをおすすめします。

汚れが破損の原因になることもあります

換気扇の汚れやすいところ

回転しているプロペラやファンは汚れがつきやすいところとなっています。台所の換気扇であれば油汚れが目立ちますし、他のところではホコリが目立っています。特に使っていても問題がないからそのままで良いだろうと思われているかもしれませんが、実は違います。こうした細かい汚れを放置することによって換気扇の交換が必要になるようなトラブルを起こしてしまうかもしれないのです。だからこそ、換気扇の掃除はちゃんとやっておく必要があるのです。

もしも汚れをそのままにしておくと

換気扇の修理や換気扇の交換でよくあるのは、ファンの軸がずれるといった事態です。回転している軸がずれてしまうと異音が出たり、動きが悪くなったりと良いことは起こりません。もしもファンやプロペラに汚れがついていると、その分だけ重さに偏りが出ますので軸にとっては負担になってしまうのです。それを続けているとファンの軸が段々とずれていき、最終的には破損にまで繋がってしまう危険性があります。そうならないためにも重要なのが換気扇の掃除を定期的にやっておくということです。

換気扇の掃除はちゃんとやりましょう

こうしたトラブルを起こさないためにも換気扇の掃除は定期的にやることがおススメなのです。ただし細かい部分までやる必要がありますので、換気扇の取り外しや分解が必要になる場面になる場合があります。そうなると一般の方にとっては難しい面もありますので、換気扇の掃除をやってくれる業者が頼りになるのです。

プロペラ?シロッコ?ファンの秘密

●取外しが難しい換気扇が増えてきました
来客時や大掃除の際に換気扇掃除をされる方は少なくありません。しかし、近年の換気扇はシロッコファンという部品が使われており、清掃の際に簡単に取り外すことができなくなってきました。レンジフードなどに使用されているシロッコファンは、フード内部の奥深くに取付けられているため、取り外しの際に壊れてしまうことも少なくないのです。もちろん、パーツを傷つけてしまった場合は換気扇修理が必要になるでしょうし、最悪の場合は換気扇交換が必要になることも。換気扇掃除には細心の注意を持って取り組むことが重要となったのです。

●メリットも多いシロッコファン
換気扇掃除が難しいシロッコファンですが、なぜこれほどまでに需要が増えているのでしょうか。キッチンや浴室など、換気扇交換をされる方も多いのが現状です。その理由に迫っていきましょう。シロッコファンが喜ばれている最大の理由は「気密性」です。シロッコファンはダクトなどを通して空気を輩出します。そのため、外壁と触れ合わない場所でも設置できますし、何よりも暑さ寒さに強い住まいに帰ることができます。もちろん、デメリットもあり、換気扇掃除の際にダクトの掃除も行う必要がある点には注意しなければなりません。他にもシロッコファンにはメリットが多く、ファン自体が小さいことから、換気扇掃除の際に丸洗いが楽になる点も良い所です。換気扇掃除のためにお風呂場を使う。そんなことをしなくても洗面所などで直接丸洗いできるのですから、外してしまえば逆に換気扇掃除がしやすいファンでもあるのです。

●メリットやデメリットをきちんと確認しておこう
換気扇交換を考えている方は、従来のプロペラファンと上記のシロッコファンのメリットやデメリットを比較することが重要となります。機能だけでなく、換気扇掃除のしやすさや換気扇修理の頻度、換気による住居の効果。様々な面を比較して、住まいに最適な換気扇を選択する必要があるでしょう。取外しのしやすさなども考えて、より良い換気扇に交換できると快適な生活に繋がるかと思います。

掃除を忘れてはいけません

見落としやすい換気扇掃除
自宅内の大掃除をおこなうとき、部屋の天井部分やエアコンなど見落としやすいのですが、換気扇掃除も忘れられやすいものの一つです。換気扇掃除の方法が分からないという方や、汚れの具合が分からないから換気扇掃除をする必要性を感じないという方も多く、一度も換気扇掃除をしたことがないという方も居られるほどです。しかし換気扇掃除をおこなうことはとても大切なので、放置せずにキチンと換気扇掃除することをお薦めします。

換気扇を放置すると
換気扇掃除をしていない換気扇の内部は、油汚れや油に混ざったほこりなどで汚れが蓄積しているでしょう。換気扇は調理時などに発生する油汚れの混ざった煙や、室内のほこりなどの細かいごみを吸い取り続けます。そのため、換気扇掃除をしていなければその汚れがいつまでも残り続け、換気扇によっては夏場などの暑い季節に汚れた油が換気扇から垂れてくることもある恐れがありますので、換気扇掃除をおこなって清潔に保っておくことが大切です。

換気扇掃除をしましょう
換気扇の内部はどこか不気味な感じがして苦手という方も居られると思いますが、換気をしやすくするためにも、換気扇掃除をおこないましょう。やり方が分からない時は、ご自身で換気扇掃除のやり方を調べてみるのもいいと思います。しかし一番手っ取り早いのが、業者の力を利用する事です。換気扇掃除をおこなってくれる業者ならば、隅々まで綺麗にしてくれるはずですので、換気扇掃除の際に利用するのも一つの手段でしょう。

換気扇の交換は早めが肝心

換気扇の効果として
換気扇は私たちの生活に欠かせない存在を担っています。調理中のニオイや室内の湿度、また生活臭を室内にため込まない効果などさまざまです。しかし、長年換気扇の掃除を行われていない場合は、換気扇の交換が必要となっているかもしれません。それはすべて、換気扇の効果によるものとなっているのです。換気扇が交換を必要とする場合を説明していきましょう。

換気扇がダメージを負う原因
まず、調理中に換気扇を使用していた場合です。換気扇は調理中のニオイを外気に送る役割を持っていることは、先述した通りです。しかし、その際にはさまざまな気体を通していることがあります。中でも換気扇の汚れの原因となってしまうのが、調理中に気体化した油です。油は液体であるため、熱により気体化してしまいます。その油の気体が換気扇にこびりついて、換気扇に油汚れが発生してしまうのです。換気扇を交換する際、どこからこんな油が付くのかと疑問に思った方も多いでしょう。その原因が調理中の油であることには驚きですよね。換気扇の交換が必要となってしまうほど、油の汚れが溜まってしまっては故障の原因ともなってしまうので、適度に換気扇を掃除することが重要です。換気扇の油が取れにくいというお悩みは、掃除を行った方の多くが思われることですが、調理中の油が原因ではありません。換気扇は石油由来の製品となりますので、油を吸着する特性があるのです。そのため、長く放置された油汚れは、とても頑固な汚れとなってしまうのです。換気扇の交換が必要となる前に、事前に掃除を行いましょう。

換気扇は清潔に
梅雨時期には多くのご家庭で換気扇を回していることが見受けられます。湿気は居住者に不快感をもたらすだけでなく、家屋の耐久性を落としてしまうため、適度に湿気を取り除かなければなりませんが、換気扇にも問題が発生する場合があるので気を付けていきましょう。換気扇は湿気を外気に送る際、当然ながら湿気を通します。その際に換気扇付近が埃に溢れていた際に、同時に取り組んでしまうため埃が汚れとなって吸着してしまいます。この状態で換気扇の掃除や、換気扇の交換を行わずに使用していては、どんどん湿気を帯びた埃が溜まっていき、換気扇内部の部品に至れば故障の原因となってしまうため、適度に掃除を行うことが重要です。日々の調理や梅雨時期、最も活躍する機会であるために、このような問題も起こり得てしまうものです。換気扇の交換はなるべくなら行いたくない方も多いことですが、換気扇の使用年数が多ければそれだけ故障を起こしてしまうリスクは高まり続けているため、今後も安全に使用していくためにも換気扇の交換は検討していくことが良いでしょう。換気扇の交換というと、費用が高いと思われるかもしれませんが、長期的な使用を考えた際には、やはり換気扇の掃除よりも換気扇の交換の方が経済的にもお得となります。換気扇の交換を行なえば、掃除よりも新品が取り付けられるため、換気扇の交換は最も安全な掃除とも言えるのです。今後も日々の生活を快適な空気としていくためにも、換気扇の交換は必要なものと言えるため、長く使用しているご家庭は積極的に換気扇の交換を行っていきましょう。

自宅で換気扇掃除

重曹を使った換気扇掃除
どのご家庭のキッチンにも、換気扇は必要不可欠だと思います。気がつかない内に油が飛んでギトギトに汚れていたり、埃が混ざり合ってしばらく蓄積していたりするとかなり頑固な汚れとなってしまいます。換気扇掃除は、キッチンで普段使っている食器用洗剤ではなかなか落とす事が出来ません。そんな時に効果的なものが「重曹」です。重曹は炭酸ナトリウムの事で、環境にも優しく、人間にも安全なのでお料理やスキンケアに使われる方もいます。値段もお手頃なので試してみる価値はありそうです。重曹が水に溶かすと弱アルカリ性となり、酸性の汚れを中和して浮かし上げてくれる働きがあるので、しぶとく付いた油汚れもゆっくりと落としてくれます。

浸け置き洗いで換気扇掃除
換気扇を浸け置きして洗おうと思ってもちょうどいいサイズのバケツがなくて困る方も見えます。そんな時は、ダンボールとビニール袋で代用出来るのです。作り方は、ダンボールで箱を作って、下面の角を1つ切って穴を開けておきます。その上からビニールを広げて入れれば簡易バケツの完成です。このままビニール袋の中に熱湯と重曹を入れて重曹水を作り、浸け置きをしておきます。その後は、穴から飛び出たビニール部分を破いて汚水を流せます。バケツの様にひっくり返す力仕事がなく、ダンボールもビニール袋もごみとして捨てるだけなので後片付けの手間もなく、簡単に換気扇掃除が出来ます。

換気扇掃除の頻度
キッチンの換気扇掃除の頻度は、年に4回程行うのが望ましいです。もし、換気扇掃除を怠ってそれが原因で壊れてしまい、買い替えなければならなくなるとより費用がかかってしまうからです。中でも換気扇掃除に適した時期は、気温の高い夏場です。重曹水が効果的だとお話ししましたが、浸け置きを行う際に冬場だと気温が低くて水の温度が急速に下がってしまうからです。又、油汚れは酸性の汚れなので、蓄積すると塗装面をはがしてしまう事もあるので、季節ごとに行うと汚れがすんなりと落ちやすいのです。蓄積してしまった換気扇掃除にお困りの時や、なかなか換気扇掃除まで手が回らないという方は、換気扇掃除業者にご相談してみては如何でしょうか。

換気の重要性

換気を行うと何が良いか

最近の住宅は個人のプライバシーに配慮し気密性が高まりました。自然換気をする機会が減り空気の入れ替えが出来なくなってしまっては人体に悪影響をもたらしてしまいます。そこで開発されたのが強制的な空気の入れ替えが実現する電気機器の換気扇です。換気扇は一家に必ずあります。この換気扇ですが空気の入れ替えがすべての目的ではなく、カビや結露を防ぐために用いられることや、最近では空気清浄機能が付いた製品も開発されています。換気扇の必要性を見直し汚れてしまっていたら換気扇の掃除をこまめに行うことが必要です。

換気扇の設置環境による用途

換気扇といえばキッチンが一般的ですが、それぞれの用途にあった設置がされている場所もあります。例えばリビング用の換気扇は、主にたばこなどの煙や生活臭を外に排出するために用いられます。多湿環境に優れた換気扇は主に浴室用換気扇として利用され、家庭用のものは小型のものが多いです。暖房機能、乾燥機能を備えた製品もあります。その他にルーフファンというものがあります。これは工場や学校など、比較的面積が広く簡単に換気できないところに利用されます。このように換気扇は必要性に応じ、様々なシーンで使用されています。日常に欠かせない電気機器なので定期的な掃除やメンテナンスが必要となります。

換気扇がおかしい

異音、異臭、正常に動作しないといった場合は換気扇の修理や交換が必要でしょう。経年劣化や油汚れなどでも故障の原因になります。換気扇修理、が必要になってしまったら専用工具での修理も可能ですが、換気扇の設置位置なども含めたうえで自分一人ではなかなか修理することが難しいと思いますので、まずは換気扇修理、交換を業者に依頼するのがベストでしょう。換気を行わなければ一酸化炭素中毒を引き起こしてしまう場合もあるので換気扇修理や交換が必要になってしまったら早めに電話やネットから換気扇修理を依頼しましょう。修理をしなくても良いように日頃から換気扇を定期的に掃除することで換気扇を長持ちさせることができますので、コンロ周りの掃除の際に換気扇の掃除も行うとよいでしょう。

換気扇掃除、大変ですよね

換気扇の掃除って・・・
面倒な仕事ですよね。油汚れが主でそこにほこりも落ちてきてて、擦ってもなかなか落ちないですし、力を入れすぎると塗装が剥げてしまった!なんてことも起こります。

そうならないために、
普段からこまめこまめに掃除!ができたら一番ですが、そんな時間も余力もないのが本音ですよね。今は縦走を使った掃除法やお掃除グッズなども様々なものが発売、開発されていますがやらないことには無いのと一緒です。
そんな面倒かつ強敵な換気扇ですが基本は油汚れ、そこを知ればもっと掃除も楽になります。まずなんとなく構造を理解して分解し分解した部分から掃除を行っていくのです。しかしここでもちょっとした問題が出ます。意外とシンクってつけおきしておこうとかそれらを並べようと思ったとき手狭に感じちゃうんですよね。またシンクの種類によっては汚れがしみてしまう場合もございます。そしてちゃんと掃除しようと思っていても、時間がかかるんです。ギトギト油汚れなのでつけおきしながら、そしてつけ置きが終わったら磨いていなかければなりません。ちょっと大がかりですよね。さらに換気扇には空気を入れ替えるという大切な役割があります。空気をきれいにするものが汚れていてはよくないですよね。そんな時助かるのが、換気扇の掃除や交換を受けたまわっている業者さんです。やはりきっちりとした設備と知識を持っていますし、何より現場での豊富は経験があるのは心強いところです。

頼れ路存在
ですが、さらにお願いしておくといいとことがあります。故障などの早期発見です。解体してもきれいに掃除できない、組み立てられない。そんなことになる前に、しっかりとしたところにお願いしましょう!

カレンダー
2017年10月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031